トップイメージ

残念ながら現状では非常に珍しい事例を抜かして割引券の売店でクレジットを利用する事が出来る販売店はほとんど存在しません。

この根拠からAmerican Express、Diners clubなどののギフト券を利用した遠まわしに使うクレジットのやり方は大抵は本当は運用するということができないです。

それならどういう手段を駆使すれば間接カードが出来るのでしょうか?と言われるとその方法とは近頃幅広く支持されている電子マネーであるEdy(エディ)、QUICPay、またはWAON、nanacoなど。

実は、それらを駆使して遠まわしに使うクレジットカードの使用を実行することも出来るのです。

Edy、iD、だったりnanacoなどはカードで購入するという事ができるギフトカード…Edy(エディ)、iD、Smart Plus、であったりVISA Touch、nanacoなどに聞き慣れない人にはわけもなくハードな感じを連想する可能性があるかもしれませんが、このような電子マネーというものはいうなれば商品券です。

VISA、MasterCard、Diners clubなどの商品券となんら差はないものなのです。

そしてこれらの電子マネーはクレジットを利用してたやすく換金する事ができる点が特徴であるのです。

そしてこれらの電子マネーというものはネットショッピング始めとして街ナカや多岐にわたる販売店他であっても利用可能なようになってきているようだ。

「当ショップの物品を買うにはクレジットはご使用になる事はできません」という風に貼り紙されていたお店であってもEdy(エディ)、iD、QUICPay、またはSuica(スイカ)、WAON、nanacoなどの場合なら運用できる実例がいっぱいあるのです(キャッシングポイントがしっかり得られる)。

クレジットカードが活用できない店などでも間接的にカードを用いるやり方で、カードポイント分だけゲットしてほしいということです。

通常通りショッピングをしてしまう限りでは得られないクレジットポイントなので何としても使用して下さい。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.caverhillphotography.com All Rights Reserved.