トップイメージ

外国為替市場介入(為替介入)という言葉はご存知ですか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞記事、雑誌、テレビ番組、インターネット等の情報で見かけた方もたくさんいると思います。ケノン

最初から為替への介入といえば日本では、財務大臣が為替相場の安定性を保つように遂行する戦略と考えられています。ピューレパール

簡単に言うと、極端な円高や円安の際に財務大臣の用命によって日銀が日本円の取引をして円相場の安定化を狙う、といったことです。怒りの更年期障害

外国為替市場介入(為替介入)は種類があるのです。

単独介入・・・政府もしくは日本銀行が東京での市場で自主的に市場に参入してきて為替介入(外国為替平衡操作)をする。

協調介入・・・銀行などが相談し各銀行などが持っているお金を以てみんなそろってないし時々為替介入(外国為替平衡操作)して行く。

委託介入・・・異国の銀行などへの為替介入を任せる。

4.逆委託介入・・・日銀が他国の銀行などに成り代わり為替介入(外国為替市場介入)を実施する。

こんなような方法です。

どのやり方の外国為替平衡操作(為替介入)も一時、あるいはしばらくの間為替の市場に影響力を与えるでしょう。

為替介入の金額はさすが自分の国の威信をかけて行なうだけにスケールが違うのです。

円を基本にして説明すると、いつもは数銭ずつ変動している相場が突如数円単位の動きをするのです。

個人で投資をしている人であれば一度は経験があると推測できますが、そこまでは問題なく含み資産(もしくは含み損)が増えている保有高をキープしていたにもかかわらず、保持しているポジションが決済しましたとの内容の情報がFX業者の人間からメールが届き。

どの程度儲かったのかな(赤字になったのか)?と考えながら決済の情報を確認したところ想像していた事と真逆の状況に目を丸くしたといったパターンがあるのです。

為替の介入が行なわれた際に多く聞いた話です。

こういったことから為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれると、市場のトレンドと逆の変化をするのです。

さらに変化する額の範囲はかなりでかく変化するため気をつける必要があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.caverhillphotography.com All Rights Reserved.