トップイメージ

自動車の【全損】とはその名の通り全てが破損してしまうこと、結果的に走行が出来ないなど自動車としての任務を果たさなくなった場合に使用されますが、車の保険における『全損』はちょっと異なる意味が含まれていたりします。75-20-111

自動車保険のケースでは乗用車が破壊された状態で《全損と分損》の2つの状況に分けられ、【分損】は修復費が補償金内でおさまる状況を表現し、その場合とは反対に【全損】とは修理費が保険額より高いことを表現します。75-10-111

普通の場合、乗用車の修復で『全損』と言われると車の心臓となるエンジンに取り返しのつかない損傷を抱えていたり、自動車のフレームが歪んでしまって修繕が不可能な時、リサイクルか処分となるのが常識です。75-5-111

しかしながら、自動車の事故の後に修理業者や自動車保険会社がその修復のお金を算出した状態でどれほど表面的に問題なく直すことが可能である場面でも修理費が補償額よりも大きかったら何を目的として車の保険にお金を払っているのか分からなくなってしまいます。75-16-111

そのようなときには、【全損】としてマイカーの所有権を保険会社へ渡して保険金額を負担してもらうようになっています。75-14-111

もちろんの事ですが長年乗った自分の車で愛情があり自腹で修復して乗り続けたいと希望するひとはけっこういます。75-15-111

そんな場面によって自動車保険の会社と話すといいと思います。うつ病 症状 10代

さらに、自動車の保険の種類によってはそういったケースのために車両全損時諸費用補償特約など(全損)の時のための特約がある状況があります。75-18-111

予期せず自分の車が(全損)なったケースでも購入などの経費を一部分もってくれる場合も実在します。75-9-111

盗難時補償額の特約をつけていると、とられてしまったマイカーがどこかへいってしまった状態でも《全損》と判断され保険が適用されるシステムになっているようです。75-11-111

サイトMENU

Copyright © 1998 www.caverhillphotography.com All Rights Reserved.