トップイメージ
車に乗るあなたであれば知っていると思いますが自動車税なるものが課税されます。そしてこの税金は、査定に出すクルマ売却時に普通に戻ってくるのです。これはちょっと実行してみたら直ぐに頭に入ってくると思いますがそれでは順を追って分かりやすく紹介していきます。記載するならば、国内で生産されているクルマだけでなくイタリア車でも税が還付される範囲になります。もちろん中古車についてもそうです。自動車税は車を所有する人が支払い義務を負う税で、これはそれぞれの排気量で決められています。1リッター以下なら29500円となり、1リッターから1.5リッターまでであれば34500円です。これ以上は500ccずつ5000円ずつ増加していきます。また自動車税は4月1日時点で車を所有している人が、年度内のお金を払うことになります。つまり事前納付ということですから、勿論ですが自動車を売ってしまってオーナーでなくなった際にはその分の自動車税は返還されるんですね。自動車税は事前納付で今年度の全額を納付するからその翌年3月までの間に車を買い取ってもらった場合には、新しいオーナーがこの税の納付義務を負うということです。買取先が中古車買い取り専門店の場合は売却時に先払いしている分のお金を返金してもらえます。所有者でなくなった瞬間より後の税額は新たな所有権を持った人が納税義務を負います。例えば自分が10月に愛車を売却した際は、11月以降来年3月の間までの払った税金は返還されます。それは前述の通り自動車税というのは一年分を先に支払っているということによるものです。ということは、売却者は買い取った相手に税金を返還してもらうということになります。個人で車を売買する場合意外にこのような大切な事実に気づかない方がよくいるためきっちり確かめるようにしてください。自動車税という税金は自動車を売却すると返ってくるという事実をほとんど知られていない事を利用してその状況を説明しない買取業者もあるのです。こちら側から自動車税の返金に関して話を切り出さなければ、一切自動車税のことに関して説明しないというケースもよく聞きます。そのため愛車の買い取りを依頼する場合は、自動車税が返ってくることをチェックすることを忘れないようにしなければなりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.caverhillphotography.com All Rights Reserved.