トップイメージ
とうとう投資すると時という場面では下準備をサボってはいけません。相場に入る前であったならば、物事を理性的に見ることができる余地があります。だが、いっぺん取引の内側に踏み込んでしまうとどうやっても受け取り方が客観性を欠くものになりがちで肝心な時にちゃんとした見方ができなくなる恐れが生じる。それゆえに自らの頭が理性的なうちに間違いない事前準備が大事です。その”準備”とは、まずは己の筋書きを作る事から行います。明日からのこの通貨は上がる(または下がる)から円を売買するといった、自分だけの台本を書いていきます。次に大切なのはチャートをチェックしよう。以前の市場の推移を見極めて今日の値段を確かめます。そうすれば、「現在は低すぎる状況になっている」もしくは「たくさんの仕かけているからこの後自分が買い(または売り)しても手遅れだな」などと見えてきます。今となっては売買するのが遅すぎるなと考えたら手を出さないで、その場面ではきっぱりと諦めることが大事です。どう試みても自らのシナリオを貫いて、割り切らずに新規エントリーすると外国為替市場にやられてしまいそれどころか損をすることになる可能性があります。とは言うものの大体のケースで準備が整ったあなたなりの脚本を考えておけば買い(または売り)が遅いなというケースにはなることはありません。おそらく、明確に市場が上げ下げする前の状況のはずだからです。次は、差し当たりとろうと決めている通貨ペアの変化を、ちゃんと見る事が重要です。もし、円安になるはずだという物語を考えたのであればその通貨の変動に注目しておきます。外国為替相場の上下動を注視し始めた状態では、まだまだ大きく変化する素振りを見せることはなく、上がったり下がったり多少の変化をしているだけでしょう。しかしながら、その変動をじっくりと気をつけていると、あるところでじわじわと、ドル高の方向へと外国為替市場が動き始めてくる。ここでいよいよドル円のエントリーします。一般的に、これだけ十分に準偏をしておけば、そのエントリーで勝てる割合はかなり高くなるはずです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.caverhillphotography.com All Rights Reserved.